忘年会、ありがとうございました

2011年の秋、
いまのタンゴの店舗を借りることになって、
もともとあったクリーニング屋さんの撤去からはじまったお店づくり。
床に敷いてあった古いクッションシート?のようなものを剥がしてみると
薄い紙のようなものが床にべったり張り付いていて、残ってしまって、、
それを取り除くために一週間くらいかけてグラインダーで少しずつ床を削っていった。

一日ガリガリやりながら退屈なもんで、
でもグラインダーの動作音がうるさくておしゃべりはできないから
ipodでひたすら音楽を聴きながら。
その時にずーっと聴いていたのが
やっほーバンドの「ファミリー」っていうアルバムだったっけ。

いつもなんとなーく聴いていたこのCDなのだけど、
何度も聴いているうちに
あれっもしかしてこれってこういう意味⁈、とか
この曲何気に意味が深くない⁈とか思って
何度もまた聴き返して。

その時はまさか、やっほーバンドのあのもっちーさんが
タンゴで歌ってくれるなんて。
思ってもみなかったな。
そもそもタンゴでライブをやるっていうのも
全く考えてなかったのだもの。

昨日は、来てくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
演奏してくれた、もっちーさん、くぼちゃん、モッチェ永井!
スペシャルフードのにじわぱんのてるくん。
ほんとうにありがとう。

いつもライブの日は、やる事に追われてしまって。
みんな居心地悪くなかったかな?
楽しく過ごせたかな?
そんなふうに思いながらあっという間に時間がすぎてしまう。

もっちーさんのファミリーを聴いて、
ふと、グラインダーでガリガリやってた日の事を思い出しました。
2011年の大晦日、ガラクタを撤去した、一度からっぽになった六軒町のこの店舗に
今はこんなにたくさんの大切なものが詰まっている♪
なんと幸せなことか。
そう思って感動してしまって、
いちばん後ろでこっそりジーンとしてしまいました。

2014年も、あと少し。
いままた考えると、
その曲の歌詞はやっぱりとっても深いのか、
でも、もっちーさんに会ってお話ししてみたら
いやいや、とってもストレートな事なのか。
いまもわからないけれど。
「あー、あの歌はね、犬の散歩の歌なんだよ」とか、笑いながら話すもっちーさん。
そんなかっこいい人間に、自分もなりたいなあっていつも思います。

b0241033_87845.jpg

てるくんが作ってくれた「tango」。
素敵!ずーっと見てるとすいこまれてしまいそうな。小宇宙!
本当にいつもありがとう。


2014年の営業も、あと少しですが、
どうぞよろしくお願いします。

風邪もだいぶ良くなりました。
年内は火、水曜日がお休みで
12月29日(月)まで営業です。
[PR]
by tango-kitchen | 2014-12-23 07:25 | Comments(0)


ちいさな自家焙煎珈琲店 350-0041埼玉県川越市六軒町2-2-9-1F 049-270-2489


by tango-kitchen

プロフィールを見る
画像一覧